歯科で使用するクラウンの種類

###Site Name###

歯科には保険治療と、自費治療がありますよね。
何が違ってくるのでしょうか。


今回はクラウンの種類についてです。

そもそもクラウンとは、虫歯で歯を削った後に歯全体を覆う形の人工の歯のことです。

特徴のある歯医者 東京の正しい情報はこちらです。

差し歯やかぶせものと呼ばれているものがそうです。

神経の治療をした場合、歯が弱ってしまいますよね。つめものでは強度が心配なので、かぶせものでの治療が一般的でしょう。


まず保険のクラウンとは、金銀パラジウム合金と呼ばれる金属で出来た銀のかぶせものです。金属なので強度がありますが、見た目があまり良くないですよね。

虫歯治療・歯周病治療なら東京・北山デンタルクリニック銀座に関する情報に追加しています。

時間が経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯茎が変色することもあるでしょう。

前歯の場合は、中身がこの金属で、外から見える部分に白いレジンを貼り付けています。


他にも硬化レジンで出来たかぶせものもありますが、強度が弱いので基本的に使用しないほうが良いでしょう。自費のクラウンとは、セラミックと呼ばれる白い陶器の材質で出来たかぶせものです。

一番のメリットは白く綺麗で見た目が良いことでしょう。
かぶせものに変色はなく、歯や歯茎の変色もありません。

金属アレルギーの方でも大丈夫です。



また、白金加金と呼ばれる金属で出来た金のかぶせものでし。
もちろん金属なので強度は強いですし、金属が溶け出すこともありません。

見た目を気にしないのであれば、一番良いかぶせものでしょう。適度に柔らかい材質なので、丁度良い咬み合わせまですり減ってくれます。
クラウンは歯科技工士が作ります。

さまざまな種類がありますので、歯科医院でカウンセリングを受けてから治療しましょう。